So-net無料ブログ作成

庭のカスケード [庭のホップ]

カスケードが成熟してきたので味見。
45日で成熟するらしい。
IMG_2838.JPG
まり花を一つ。
コップに入れ、注ぐ。
ルプリンも少しだが入っている。

やっぱり、直ぐには味が出ない…。
10分くらい経つと少しグラッシーになって来た。

が、カスケードの香りは、全く無い!(笑)
まだマリハナが未熟なのか?

ケヤキ広場でホップランドルを使ったビールを飲んだ事がある。
期待していた味には程遠い普通のビールでした。

ホップは最低でも1週間は漬けないと抽出出来ない。
そして、生ホップの香りはそのままビールには移行しない。

ケミカルな変化を経て柑橘系の香りとフレイバーが出現する。
水で抽出したホップはどれも似たような味と香りがした。

完成したビールに入れて香りと味が良くなるのだったら
今頃は、それが一般化していてもおかしくない。
それをやっているビアバーが無いのは、メリットが無いと言う事だと思う。

でも、キャッチーな見た目が、商売になりそうな予感。

ーーーーーー

追記 6/9
今度は乾燥リーフホップでホップラボ。
IMG_2841.JPG
ダシパックに入れたオットーシュプリームのリーフホップ二つ。
クズクズにしてコップに入れ何度も液体を出し入れ。
10分経っても何も変わらない。(-。-;
香りも変化無し。
元々市販クラフトビールより濃厚な液体に入れたので、分かり難いかも。

結論!ホップの香り、フレイバーの抽出には時間と化学変化が必要!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。