So-net無料ブログ作成
検索選択
ホップ飲み比べ ブログトップ

よなよなエールでホップラボ [ホップ飲み比べ]

よなよなエールでホップラボ。
IMG_2534.JPG
ホップはペレット。
収穫時期は不明。
1週間、800mlの水に浸したホップ25gをろ過して、よなよなエール100mlにつきホップ液20mlを加える。

よなよなエール原液
まるで香料のようにいい香りだ。
少しだけ辛みを感じる。
妻は酸味を感じたらしい。
辛くない、苦くない、飲みやすい。
だがホップヘッズには物足りない。
ペールエールだなあ。

イーストケントゴールディング
まず来たのは辛さ。
スパイシーだ。
少しだけ薄くなった気がする。
ストレートで面白味がない。
嗅いでみると匂いはないが、飲んだ後に鼻に抜ける香りはフローラル
上品な香りだ。
クリーンで透明感のあるフレイバーだ。
だが、多く使い過ぎると辛くなりそう。

シムコー
香りはEKGよりは良くはない。
ピザポートのような、ウエストコーストIPAによく感じるフレイバーだ。
優しい柑橘系。
辛みはEKGよりは少ない。
その分薄く感じる。
雑味感の少ない上品な味わいではある。
この中では一番美味しい
女子に受けそう。

カスケード
シムコー、EKGより味があるが、少し雑味感が気になる。
グラッシーだ。
一番個性的、ひとクセある。
鼻に抜ける香りは良い。
だが、EKGの方が上品な香り。
EKGより辛くないが、シムコーよりは辛い。
グレープフルーツが殆どいないのは、香りが無いからか?
ホップが古いのかも知れない。
カスケードは新鮮なものを使わないとグラッシーになる。

三種混合
まず来たのはグラッシー。
カスケードの時に感じたのが更に強くなっている。
苦く青草い味だ。
これは駄目でしょう。
5種類のなかで一番不味い。
3種のホップの良いところが何処かに行ってしまった。
辛くグラッシー。
混ぜればいいと言う訳ではないのだなあ。
後で、よなよな原液を少し足してみると良くなった。
やっぱりバランスが大事たなあ。

まとめ
イーストケントゴールディングが辛いというのは意外だった。
もっとスパイシーかと思ったシムコーが、
渋くない辛くない優しい柑橘系だった。
グレープフルーツ的だと思っていたカスケードが、全然そうではなくワイルドなグラッシー系だった。

飲み進むうちに、段々味覚が鈍くなってきた。
最後は微妙なニュアンスが分からなくなった。
味覚は変化していく。
そして、おつまみに何を食べるかでビールの印象が変わる。
強い味のおつまみはビールの敵。
クラフトビール屋さんは、「このビールにはこれ!」と言う、邪魔しないオススメおつまみを考えておいて欲しいなあ。

追記 2017/2/3
辛い麦汁に追加ホップしてみたら、よなよなエールと違う結果に。
ホップの濃い、辛く仕上がった麦汁に入れて飲むと、
イーストケントゴールディングが辛くならなかった。
むしろ辛さが和らいだ。
やはり、ホップのフレイバーは様々なファクターの組み合わせで変わるようだ。
nice!(0)  コメント(0) 

Citra,Topaz,Green Bullet シトラ、トパーズ、グリーンバレット [ホップ飲み比べ]

ダイレクトホップ、味比べ 2
熱湯100g、ホップ1.5gをコップに入れ、自然冷却。
その後冷蔵庫へ。
一週間後、透明になった上澄みを、水で2倍に薄めて飲む。

シトラ
よくあるシトラス味の典型。
中程度の香りはグラッシーな柑橘類。
酸味は強くない。
渋みも少ない。←これが重要なのかも。
軽い。
甘みは少ない。
苦味は強くない。
トロピカルフルーツ味は少ない。

トパーズ AU
シトラより強い。
香りはシトラのほうがある。
少しスパイシー。
渋みは少ない。
苦味は、やや強い。
トロピカルフルーツ味は多くないが、少しはある。
エラと混ぜるといいかも…?

グリーンバレット NZ
香りは無い(笑)
辛みのような、スパイシー感。
軽く、そして中程度の苦味。
トロピカル…ではある。
今迄になかった種類のフレイバーだ。
印象は良い。
トパーズに少し似ている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ホップ飲み比べ ブログトップ