So-net無料ブログ作成
ビールメモ ブログトップ
前の10件 | -

Rise Up IPA [ビールメモ]

ライズアップIPA/エチゴビール/6%/缶
E078F882-51AD-4E16-B4BB-B0595BEF25CF.jpg
甘い!
苦い…。
辛い…。
何でこんなに甘いのかな?
苦味とのバランスを意識しているのは分かる…。
定石だが、甘過ぎたかな?

苦味レベルは高い。
だが、柑橘系の中に存在する苦味では無い。
シトラスがすくない、日本的な苦味?
そして、わずかに硫化水素臭が…。
だが、これは新鮮な証拠でもある。(^^;
間違いなく、いずれ無くなる。

甘くし過ぎた事で後味が悪くなっているような。
もっとドライにして、フルーティフレイバーにマスキングされる様な
苦味にした方が一般受けするような気がした。

同じくエチゴビールの、フライングIPAの苦味は好きじゃ無い。
大手メーカーのビールのネガティヴイメージの苦味。
女子がよく言う「苦くて嫌い」の苦味。

でも、¥300を切る値段設定ではどうしようもないのかも知れません。
頑張ってほしい、エチゴビール!

フライングIPA、長浜IPA、青鬼、キャプテンクロウ。
日本4大IPA(志賀高原、伊勢角を除く)応援しています。

そして、コエドにIPAが欲しい!!!!!
定番では無くていい!
レジスタIPAみたいのをドンドン出して欲しい!
缶じゃ無くても、樽生でいい!
今日の狭山茶(ビール)は美味しかった!

余談ですが、今日飲んだコエドのマリハナ…。
ビールマニアじゃない人でも違いが分かる程の香りの無さ。ಠ_ಠ
ストーンのGo To IPAと飲み比べられると、悲しい結果…。
明らかにホップレシピが変わっている様な…。
香るセッションIPAでは1番だったのに…。
植竹さんが作った信用が…。
名前を変えるべきかな〜。
残念…。
タグ:Rise Up IPA
nice!(0)  コメント(0) 

IBU1000とコエドIBUKI [ビールメモ]

ミッケラー IBU1000
色は濃い。
飲んでみると、やっぱり甘い。
IBU1000では無い。
IBU100+と表記するべきかな。
アルコール感は強い。
苦味はあるが、青鬼の2〜3倍という感じ。
青鬼も甘いが、それよりもかなり甘味が強い。
この濃い色と甘みから想像出来るのは、カラメルモルトだ。
甘苦のハイアルコール味。
ポップ感は強くない。
ここまでモルティだと、アロマポップを多くするのは無意味なのだろう。
香りもモルティ寄り。
個人的に好きじゃないまとめかた。
F9666B10-C6CA-436A-8F05-A86D79CEF9BC.jpg
Fresh Hop 2017~IBUKI~ コエド
今までに無いアロマとフレイバー。
遠野産の、イブキHopを使ったビールのコエドver.
コンセプトは素晴らしい。
確かに日本的なフレイバーと香りだ。
スッキリして美味しい部類。
少しグラッシーだ。
好みかと言われるとそうではないかも。
国産でも、新しい品種がドンドン出てくるといいのに…。

nice!(0)  コメント(0) 

スカルピン [ビールメモ]

バラストポイント/スカルピン
辛口だ。
こんなに辛口だったか。
これは明らかにホップのポリフェノールの辛さだ。
完全に辛さが支配している。
今はもうスカルピンを素直に美味しいとは思えなくなっている…。

この辛さが少なくなった後の、ホップ本来のジューシーな美味しさ、微妙な味。
例えば、キャンディシュガーとか、紅茶の要素、フローラルとレジンとハーバルの絶妙なバランスとか…。
これらを知ってしまった嬉しさと哀しさ。

コーヒーも同じだ。
コーヒーの焙煎をしていると、段々コーヒー味覚が鋭くなってくる。
コーヒーの渋味もポリフェノールだ。
サードウエーブ系のコーヒーショップは
たいていが渋い。
いわゆる酸味の強いコーヒーだ。
これをフルーティと彼らは表現している。
自分には渋味と酸味が支配的なコーヒーで好きじゃない。
微妙な渋味と酸味ならいいが、支配的なのが問題だ。
豆のの甘みと、個性的な豆の味、そしてバランスの良い苦味、そして決定的な香り。
バランスが大事。

この微妙な味のバランスは和食の味付けと似ているかも。
全てを薄く、突出した要素を排除すると
全体に薄味だが複雑な、奥深い素材の味が浮かび上がってくる。
ウチの妻が料理をする時、チョットのミリンとか、チョットの塩とか、チョットの醤油とかを入れているのを見かける。
そんなに少量で味が付くのか…、と思ってしまうが、
出来上がりは素材の味が分かる微妙なバランス感覚のイイ塩梅。

辛さは微妙な味をマスキングする強い味。
ポリフエノールの辛さ(渋み)は、マイナス要素だと思う……。
これ、あっていますか?

サードウェーブ系のブリュワリーの方が、そのうち、『この渋味がフルーティ!』とか言いださないよね〜。(^.^)

タグ:スカルピン
nice!(0)  コメント(0) 

代々木ブリュワリー/TKG [ビールメモ]

代々木ブリュワリー/TKG
だいぶ沈殿している。ゆるブルくらいな濁り少な目。
酸味すこし、辛味少し。
モザイク、アマリロ、エキノックスと言うことは、エキノックスの辛味かな?
香りはほんのりいい感じのトロピカル。
スッキリして美味しい。
85640CBB-9182-4D2E-BC08-31A9C412C853.jpg
ラブルワトリー/ブラザーズオーツ
辛い、辛口。甘さが欲しくなる。
香りは少ない。
濁っているが少なめ。
スッキリしてはいるが、同じベクトルのゆるブルのほうが好き。
ジューシーな要素がもう少し欲しい。
辛苦ですね。
8EC98242-0DE7-42DC-93CD-F170E9F85928.jpg
ボクシングキャット/TKO
上海のIPA。
中国のクラフトビールは初めて。
甘〜い!コク。
クリスタルモルトとある、確かに…。
モルティ寄りは苦手。
シトラスは少ない、苦味はまあまあ。
後味にしばらく残る甘み。
F7DD33F7-D7D8-4BE5-85A9-98F6AFCED8FC.jpg
ベアリパブリック/エイペックス
苦〜い、苦いぞ、何だろ、この舌に残る苦味は
ボディもあるが甘みを凌ぐ苦味。
エラもヒユールメロンもカスケードも居ない。
ファーストゴールドはストーンフルーツ、シトラス系。
ハラタウブランは白ワイン、ブドウ系。
独特な苦味は何のなのかな?
アメリカで飲んだら少し濁って全然違う味だったりして…。
使用ホップから読める狙いは、ストーンフルーツ、メロン、マスカット系だが、全然違う。
甘く苦〜いビール。
8840A707-96B1-446E-875F-A925CBA6D15E.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

スノーモンキーIPA / Snow Monkey IPA [ビールメモ]

スノーモンキーIPA / Snow Monkey IPA 6% IBU 45
IMG_3023.JPG
美味い!
軽い、飲みやすい、ゴクゴク。
濁り少な目。全く辛くない。
渋味もない。
後味いい。
これくらいの濃さが好きだなあ。

ヤッホーワークスエールよりもNEIPA度は軽い。
そして、ゆるブルよりも軽い。
苦味と少ない。
ゆるブルより濁りが少ない。
ゆるブルを、暫く冷蔵庫に置いて沈殿を進行させた感じに似ている。
IMG_3024.JPG
ジューシー、ちょうどいい濃さ。
NEIPAと言うよりは、ノースウエストIPAのやや濁りVer.
これを飲んだ後にボーディザファを飲んだら、
ボーディザファが薄く感じた。
しかし、ボーディザファの方が苦味もコクも太い。

ここに書いてあるように、NEIPAは亜種も含めて国産が良いと…、つくづく思う。
ジューシーなシズル感は、新鮮なうちに飲まないと!
http://brewnote.tokyo/2017/07/newenglandipa/
ケヤキ広場で、ゆるブルとSnow Monkeyが二つともあったら、Snow Monkeyを先に飲むべし!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヤッホー Works Ale #001 [ビールメモ]

Works Ale #001
これを飲むために来た。
http://yonayonabeerworks.com/arwen_cms/wp-content/uploads/2017/05/HP-1.jpg
最後の一杯、グラスの6割しか無かったのでサービスになった。
その代わりに青鬼のスモールをオーダー、ヤッホー!
IMG_3014.JPG
美味しいぞ…。
確かに桃の香り、NE Styleのコクのようなフレイバー、少し辛さはあるが許容範囲内。
モザイクのような、アザッカのような、エキノックスのような、シトラも感じる。
後味はいい、スッキリ、美味しい!
IMG_3012.JPG
甘みは少ない。
グラッシーではない
やっぱり、少し辛い…。
やるブルより辛い。
新鮮なゆるブルより苦味は少ない。
New Engi-Land より軽い
ゆるブルを沈殿させたときの濃さに近い。
スモールワンサイズ、250mlで¥630
イイネ!
IMG_3013.JPG
左が青鬼。
青鬼の樽生は初めて。
軽い、スッキリ、飲みやすい。
濾過しているのからか、麦汁はクリア。
で、香りも殆んどない。^_^;
昔と比べて味が軽くなったのでは???
Works Aleよりは少ないが…、辛さもある
濾過していないのを飲みたいなあ。
スモール¥480
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

印象深いIPA [ビールメモ]

ウォータリングホールにSnow Monkey IPAを目指して行ったら、
売り切れ!

テイスティングセットで飲んだこのIPA。
伊勢角のLush Hop IPA
IMG_3006.JPG
これが飛び抜けて美味いかった!

濁り少なめ、渋味少し、辛さほんのわずか、
シトラシー、甘み少ないというか丁度いい。
濁り少ないので軽くてスッキリ。

2015年に、このレベルに達していたのか!
伊勢角、素晴らしい…。
http://www.biyagura.jp/item-lush-hop-ipa.shtml
普通のエールイーストは洋ナシの香りを出すとの記述。

何ですと!
それ、ウチじゃない!
ホップを変えても、何時もそこに居る共通フレイバー。
マスカットのような、梨のような、メロンのような…?
自分の味覚、嗅覚では梨とメロンとマスカットの区別が、はっきりしないが…。^_^;

やっぱりエステルだったか…。
サンディエゴスーパーエールイーストを試してみたい。

伊勢角、参りました!
ラッシュホップIPA。
素晴らしいIPAですねこれは!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カルミネイション/クライオホップ ファイドラス IPA [ビールメモ]

カルミネイション/クライオホップ ファイドラス IPA
Phaedrus IPA | Culmination Brewing
6.7% IBU55
IMG_2942.JPG
香り、柑橘系、強くない、ほんのり。
辛味やや強いが許容範囲内
麦汁はライト。
これはシムコーか?

クライオホップの一般販売から推測。
(Cascade Citra Columbus Ekuanot Loral Mosaic Palisade Simcoe)
シトラは弱い、カスケード感じない、やっぱりシムコー?
苦味はすぐ消える。
コロンバスいない。
モザイクもいない。

温度上がるとやっぱりシトラシー、パイニー、レジン少し上昇
スペシャルな何かを感じるかというと、そうでもない
IMG_2943.JPG

アメリカで撮った写真をみると濁っているが、今日のこれはクリア。
フィルターを掛けたのかな?
フレイバーもそういう感じ。
何か物足りない。
僕の好きなボディザファレベルではない。

Chrome翻訳
YCH HOPS、新しいCRYO HOPS[トレードマーク]製品ラインを発表
メロディーマイヤー
2017年2月27日 /
即時のリリース

YCH HOPSは、新しいCRYO HOPS[トレードマーク]製品ラインを発表し
ました。革新的な2つのホップ製品、LupuLN2[トレードマーク]とDebittered Leaf

ヤキマ、ワシントン州、米国 - 2017年2月27日 - ヤキマチーフ - ホプニオン(YCHHOPS[レジスタードトレードマーク])は、独自の新製品Cryo Hops[トレードマーク]を発表しました。この製品ラインのリリースには、2つの革新的な新しいホップ製品LupuLN2[トレードマーク](ルプリンホップパウダー)とDebittered Leaf(低アルファベット)が含まれています。

凍結を意味するギリシャ語の「kryos」から派生したCryo Hopsは、LupuLN2とDebittered Leafを製造する業界をリードする低温ホップ処理技術を利用しています。全ホップコーンは窒素豊富な生産雰囲気中で極低温にさらされることにより濃縮ルプリンホップパウダーと低アルファ苞に分離され、酸化の機会を排除します。

LupuLN2は、樹脂および芳香族油を含む全葉ホップの濃縮ルプリンである。強いホップの風味と香りを提供するように設計されており、醸造者は収斂したフレーバーや植物のコーンを導入することなく大量のホップを摂取することができます。LupuLN2は、伝統的な全葉およびホップペレット製品の2倍の樹脂含量を提供し、重量の約半量で投与する必要があります。初期のR&D試験では、LupuLN2はホップの香りやフレーバーの寄与を顕著に高め、特に「ジューシー」と「レジン」の特性を挙げていると報告しています。また、Brewersは、醸造所の収穫量が減少し、醸造所や貯蔵庫が減少するため、平均3?5%の増加を報告しています。

Debittered Leafは、ルプリン腺から分離された全葉ホップの濃縮苞である。これは、品種固有のアロマと風味の特性を保持し、任意のホップのブランドから派生することができる高品質、低アルファ製品です。その結果、伝統的な低アルファ(高貴な)ホップに対する魅惑的な北西のひねりが生まれます。

Cryo Hops製品は、ワシントン州サニーサイドで生産されており、現在、YCH HOPSおよび/またはそのグローバル販売代理店を通じ、市販の醸造業者に提供されています。LupuLN2はホップパウダーまたはペレットの形で入手できます。ペレットで利用可能なデビタリング葉。Cryo Hops製品は、収穫2017年から始まる将来の契約期間中に購入することも、現場で直ちに購入することもできます。自家製梱包は2017年夏に発売される予定です。

Cascade、Citra[レジスタードトレードマーク]ブランドHBC 394、Columbus(LupuLN2のみ)、Ekuanot[トレードマーク]ブランドHBC 366、Loral[トレードマーク]ブランドHBC 291、Mosaic[レジスタードトレードマーク]ブランドHBC 369、Palisade[レジスタードトレードマーク]Brand YCR 4(LupuLN2のみ)、Simcoe[レジスタードトレードマーク]Brand YCR 14ブランドホップ。

敏感な樹脂と油を保存するために、クライオホップ??のペレットは平均温度63°Fで製造されています。これは、YCHでの平均T-90ホップペレット製造温度よりも約30℃低く、他の既知のペレット化操作よりも著しく低温である。

Yakima Chief - Hopunionによって開発されたCryo Hopsは、ホップ処理で最も革新的な技術です。独自の極低温分離プロセスを使用し、各ホップ画分のすべての成分を保存し、2つの同時生成物、LupuLN2およびDebittered Leafを生成します。各クライオホップ??製品は、醸造所を念頭に置いて設計されており、ホップの味と香り、プロセス効率、コスト削減、持続可能性を強化しています。

ヤキマチーフ - ホプニオンは、高品質のホップと妥協のないサービスを提供することに重点を置いた100%の栽培者所有のグローバルホップサプライヤです。このチームは、地球の自然資源に対する深い感謝と、彼らが奉仕する地域社会や顧客に対する心からの敬意によって推進されています。これは、持続可能に生産され、ビールの革新的なホップ製品を中心とした継続的な改善の文化を作り出しています。新鮮なグリーンホップ[レジスタードトレードマーク]からフルリーフホップ、クライオホップ??[レジスタードトレードマーク]、ホップペレット、Resinate[レジスタードトレードマーク]CO 2ホップエキス由来製品まで、Yakima Chief - Hopunionは世界でも有??数の醸造家と家族経営のホップファームとをつなぐユニークなポジションですYCH HOPSを通して。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パロットドッグ / ビタービッチ IPA 5.8% [ビールメモ]

ParrotDog / BitterBitch IPA 
パロットドッグ / ビタービッチ IPA 5.8%
IMG_2936.JPG
ニュージーランドのモルティIPA だ。
色はアンバー傾向。
ホップの苦味ではないような。
まあまあ苦い。
それは、モルトが支配する世界。

甘過ぎないのはいい。
焙煎系のモルトは確実にいる。
ホップ優勢ではない。
これはこれで良いバランスだと思う。

だが、やっぱりホップでフレイバーを作っていくスタイルのほうが好きだな。
モルティ寄りは、複雑な深みのある微妙な味を実現しにくいと思う。

イーストのフレイバーを少なくし、
モルト系の焙煎フレイバーも少なくして、
そのベースの上にホップのクリーンな苦味、
辛くならない程度にホップでコクを出す。

そして、バイオトランスフォーメイション効果で濃密なトロピカルフルーツのベースを作り、
最後に複雑でジューシーな香り付けをする、、、
そんな最近の理想形のイメージ。

商品説明
ビター ビッチ IPA 5.8% / 330ml
ratebeer.comで95点を獲得したフラッグシップのIPAです。
色:ダークアンバー。
風味:焼きたてのクロワッサンやクッキーのような麦芽香が広がり、トロピカルフレーバーに心が溶かされていきます。一口含むと、冷水を浴びたような覚醒的NZホップの清々しさ。シャープなビタネス、朝もやの森を走り抜けたような、クリアなハーバルフレーバーが体の隅々まで行き渡ります。凛としたとてもキレイなIPA!アニスやスペアミントのようなフィニッシュは抜群の飲みやすさ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

To Ol トゥ・オール / ファーストフロンティアIPA [ビールメモ]

To Ol トゥ・オール / ファーストフロンティアIPA 7.1%
IMG_2929.JPG
シムコー推しの典型的ウエストコーストスタイル。
ウォーリアー、センテニアル、シムコーのドライホップ。
ウォーリアーは普通ビタリングホップだが、調べてみるとパイニー、レジンとある。

シムコーのシトラス感が支配的。
麦汁はライト。
商品説明のアンバー、カラメル、マンゴー、パパイヤは居ない。
甘みは少し強め。
辛さも少しある。
ケミカルな要素も少し感じる。

まあまあ濃いが、もう少し複雑な深みのある味の方が好きだな。
瓜、梨系のエルドラドとか、トロピカル&野菜系のアザッカとか、パイニー複雑トロピカル系モザイクとか…。

あ〜、ネルソンソーヴィンが欲しい!
今年は絶対手に入れる!

商品説明
ファーストフロンティアIPAは、3つのアメリカ産ホップ(Warrior,Simcoe,Centennial)でドライホッピングしたフルーツアロマが香るIPA。
グラスに注ぐと深いアンバーオレンジで、キャラメルの香ばしさを纏ったビターホップが上昇気流となって一気に発散します。
ジューシーなグレープフルーツ香、マンゴーやパパイヤの南国トロピカルフルーツが存分に沸き立ちます。深くフレッシュ、そしてなんとも言えない絶妙なアロマホップが素晴らしい旨味と苦味を形成します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - ビールメモ ブログトップ