So-net無料ブログ作成
検索選択

ホップを食す てんぷら [ホップ料理]

食べられる事は分かっていたが、この新緑の時期に息子が思いついた。
葉っぱのてんぷら。
IMG_2810.JPG
最初は小さな黄緑の葉を食べたが、味がしない。
IMG_2808.JPG
カスケードとセンテニアル、そしてマグナム。
全く味の違いが分からない。(^.^)

そこでマグナムの濃緑の大き目の葉を揚げてみた。
IMG_2809.JPG
ほんのりと後味が苦い。
変なエグミとか無く、スッキリ
が、シソのように強い味のほうがてんぷらには向いたいるかも。
衣が厚いと、衣の味しかしない。(^.^)

4月ごろ出てくる、ツクシのような茎をバターで炒めると
美味しく食べられるらしい。
まり花のてんぷらは、強烈な苦味で味覚が破壊されるとか…。
いずれも虫が付いていない今が旬のお楽しみ!
nice!(1)  コメント(0) 

大江戸ビール祭り2017春 [ビールフェス]

先週のケヤキで飲まなかったのを飲もうかと…。
IMG_2805.JPG
まず、復活のうしとらからセンテニアルIPA。
グラッシーで美味い!
苦味とジューシーさのバランスが良い。

続いてジョージタウンのボディザファIPA。
コロンバス、チヌーク、シトラ、モザイク使用。
パイニーでジューシー、素晴らしい香り!
やっぱり美味い!

ツレがデビルクラフトのバーモントIPAを頼んだ。
一口貰うと、ケヤキ広場のより美味い…。
ジューシー、ホッピーになっている。
何故?
ツレがボディザファを混ぜるという暴挙に。
結果は、申し訳ない!
元より美味いす!!


他にも色々飲んだが特筆するものは無かった。

帰りに新宿駅のベルクに寄ったら、志賀高原の
ゆるブルウィートがある!
しかも、安い。
ハーフで¥640くらい。
IMG_2803.JPG
IMG_2802.JPG
こちらも何故かケヤキ広場より美味い!
ケヤキより濁りが強い。
グラッシー、甘くない、苦味多め、
酸味少々、ホッピー!
最高に美味かった。
他にもポーターがあった。
今週末には無くなるだろな…。
nice!(0)  コメント(0) 

ケヤキ広場ビール祭り2017春 ⑶ [ビールフェス]

ケヤキ広場2017春⑶
ピーカンで暑く、朝から大変な人出。

GIGANTIC x 志賀高原 / KAGAMI-BIRAKI IPA
なんと濁ってました!
IMG_2782.JPG
IMG_2783.JPG
今回のケヤキのビールの中では恐らく1番のNEIPA。
濁り過ぎで無いかい?と笑えるくらいの濁り。
日本酒の樽を使ったらしいが、そのフレイバーは殆んど感じなかった。
11時から並んだが、あっという間に売り切れで1樽目終了。
4時頃運良く飲めた。
まだ若いビールの印象だったが、ジューシー感、ホップ感には大満足。
「苦味は控え目でジューシー」まさにこれ!
トロピカル要素は少なかったが梨のような不思議な果実の味だった。

ブルーマジック/ NEIPA
IMG_2786.JPG
トロピカル、ニュージーランドのホップの味がする、濃密では無い、発酵した様な味では無い、爽やかな果実、苦味控え目。レモンとオレンジの味。

サンクトガーレン / ゴールデンヘイズIPA
IMG_2787.JPG
ビター、濁り少ない、炭酸弱い、苦い
トロピカル味少なめ、結構苦い。

Yマーケット / ホップセダクションIPA
苦味が大手の味に似ている。
トロピカル少なくジューシー弱い。
セッションなので薄い。

ノース C4IPA
ジューシーさは弱め、甘みが少ないので
苦味が残る。トロピカル要素すくない。

大月/オートノミーロストDIPA
薬草、甘い、後に残る甘み。

志賀高原 / ゆるブルウィート
イーストフレイバーとホップの絶妙なバランス。
爽やかなホップ感。イイね!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ケヤキ広場2017春2 [ビールフェス]

2日目、飲んでいないのを飲む!

うしとらIPA
IMG_2750.JPG
IMG_2751.JPG
グラッシーでジューシー。もう少しトロピカル要素が欲しいかな〜。
新鮮な感じは美味い!
1杯目はこれだ!

ジョージタウン/ボディーザファIPA
シトラシー、 甘み、美味い!素晴らしい!

スクーナーイグザクト/スリーグリッドIPA
IMG_2753.JPG
グラッシーで苦い。グラッシーが支配し過ぎる傾向。

京都/一意専心
IMG_2754.JPG
IBUが1番多いのを選んだ。
コエドの白と比べると、ケミカルな味が薄い。
ホップとイーストのフレイバーのバランスが良い。これなら美味しく飲める。

Victory Brewing / Dirt Wolf Double IPA
あまり覚えていない。(笑)
印象が薄い。
nice!(0)  コメント(0) 

ケヤキ広場 ビール祭り 2017春 [ビールフェス]

ケヤキ広場ビール祭り
リポート
初日!

飲んだ順番に、
①うしとらDIPA
②ブレイキンバドIPA
③ルシールIPA
④デビルクラフト/バーモントIPA
⑤スクーナーイグザクトのエバーグリーンIPA
⑥うしとらDIPA!

最初に、いきなりDIPAか!!
IMG_2735.JPG
順番が違うだろうが。
が、うしとら復活!
最高に美味い!!!
のっけからサイコー!
が、酔っ払う(^^)

ブレイキンバドIPAは、濃いウエストコーストIPA。

シトラシーで、美味しい!!

コエドの限定ガッツ何とかは売り切れで残念!

デビルクラフトのバーモントIPAは、
残念ながら中途半端な印象。
濁ってはいたがホッピー、ジューシーではなかった。
ざっと見た感じでバーモント、ニューイングランドスタイルが、これだけだったのは寂しいなあ。
うしとら、志賀高原あたりが濁ったのを作って欲しかった……。

エバーグリーン、ルシールIPAはノースウエストIPA!素晴らしい!
IMG_2738.JPG
好みの味、複雑で美味しい。
エバーグリーン、フムロニンバスが出てなかった。
残念!

スクーナーのエバーグリーンIPAはカラメリーが強い。
アンバー気味が好きな人は良いかも。
もう少しホッピーが好み。

そして、最後に、再度、うしとらのDIPA。
ただのIPAは連れが飲んだのを味見したが、
こちらはシトラシー。
定番のIPAだ。
DIPAは酔っ払うのが困るが、美味い。
うしとらブリュワリー、サイコー!

飲みたかった志賀高原のハウスIPAは、未定だが金曜くらいかららしい…。

nice!(0)  コメント(0) 

バイオトランスフォーメイション Bio tranceformation [アメリカンホームブリュワリー]

ピンクの象さんの、新宿のプティデリリウム タップ カフェに行ってきました。
自分はデランケのXXビター。
IMG_2717.JPG
連れはデランケのグーデンベルグ。
面白いなと思ったのは、両方ともホップ寄りのビールだった事。

メニューを見ると、XXは「強い苦みのブロンドのビール。
ワトウ、ポペリンゲ産の生のハラタウホップを最大限に生かして醸造されたビール」

グーデンベルグは、
「ポペリンゲ産の高級ホップを使い、発酵中にもホップを漬け込むドライホッピングで
最高の味わいへと仕上げてできたビール」

どちらもホップと喧嘩しないような微妙にかすかなベルジャンイーストの味。
XXのほうは結構苦く温度が上がってくると、ほんのりイーストのフレイバーが分かるという、
これはほぼアメリカンIPAといってもいい様な仕上がり。
ベルジャンなのに笑えるくらいホップ押し!

注目したのは「発酵中にもホップを漬け込む」という表現。
これぞ今話題のNEIPAのバイオトランスフォーメイションかあ?
面白い!

まさに今日見つけたサイトに、このバイオトランスフォーメイションの記事が。
http://brulosophy.com/2017/01/23/biotransformation-vs-standard-dry-hop-exbeeriment-results/
Chrome WEB翻訳で読んだので難解な日本語、ほぼ理解できていない。(笑)
Beer in Trancerationの人に翻訳して欲しい〜!
でも読者の投稿が興味深い。
マニアックな人達は何処にでも居るもんだ。

ここのサイトには他にも面白い情報が!
例えば、マッシュは30分で良いとか、
濁った不純物混じりの麦汁を発酵させても問題無いとか、
蓋をしてボイルしても水の蒸発量が同じでDMSの残存量は変わらないとか、
全て実験して検証している。
流石にアメリカは、ホームブリュワリーもハイレベルに進化してる〜。
nice!(0)  コメント(0) 

クラフトビールメモ 2017/5/7 [ビールメモ]

ブリュードッグ ライハマー 7.2%
IMG_2696.JPG
ぶっ飛んだ。
このホッピーさで低アルコール
ハマーシリーズは振り切れ度合いが好きです。
しみじみ、美味い…。
レシピを見てみる。
コロンバスとセンテニアルのビタリング。
フレイバーも同じ組み合わせ。
最新の僕の麦汁と同じだ…。
アロマホップにアマリロ、シトラ、そしてシムコー!
シムコーですね、これは。
柑橘系なのに嫌味(渋味)が少ない。
ウエストコーストサウンド!
シムコーがリードのアマリロシトラがバッキング。
65℃のマッシュか…、低めなのに甘みは充分。
トータル300g@5glnのドライホップは流石に凄い破壊力。
少しホップの沈殿も出現している。
IMG_2697.JPG
メジャーなのに、こんなにホッピーなブリュードッグ大好き!
★★★★★★★★

ミッケラー 20 IPA 6.8% IBU107
IMG_2689.JPG
20種のホップを使っているらしい。
まず来たパイニー。
上品に仕上げたIPA。
柑橘系は控えめ。
IBU107の実感はない。
ミッケラーのIBUは何時も多めのような。
とても美味しい
★★★★☆

志賀高原IPA 6% 製造17/4/下旬
IMG_2690.JPG
当たりが出た。
濁ってます。(^_^)
ホップが沈殿したモヤモヤは美味しい。
IMG_2691.JPG
新鮮なビールを飲む幸せの時間。
薄く感じる時もあるが、今回のは美味い!
其の十より好きです。
其の十はアルコールが強く飲みにくい。
このIPAは僕のリファレンスです。
★★★★★
nice!(0)  コメント(0) 

クラフトビールメモ 2017/5/6 [ビールメモ]

ファイアストーン ルポニックディストーションRev005 5.9%
IMG_2683.JPG
まずはハーブ感。
薬草のような複雑な味。
麦汁の色は極ライト。
柑橘系は隠れているのがいい。
薄めのフレイバーでこの薬草感は新しい。
トロピカル感は薄い。
苦味も強すぎない。
飲みやすいが個性的。
美味しい
★★★★☆

ファウンダーズ アザッカIPA 7% IBUs70
IMG_2684.JPG
アザッカのシングルホップIPA。
最初、香料のような強いフローラルな香りがした。
色は、ややアンバー
モルティさとホップ感の絶妙なバランス。
ノースウエストIPAの印象。
複雑なフレイバー。
アザッカ単体でこの味が出せるのか…。
素晴らしく美味しい!
驚いた事に製造が2016/11/8とある。
新鮮ではないのにこの味は驚き!
温度が上がってくると、新鮮ではないのが分かりやすくなった。^_^;
★★★★☆
nice!(0)  コメント(0) 

腐敗 [ホップロック]

ビクトリアシークレット30gを水1Lに漬けて1週間、
そろそろいいかとコーヒーペーパーフィルターでろ過。
1日常温で放置し臭いを嗅いでみた。
IMG_2678.JPG
なんとも怪しい臭い。
とてもじゃないが飲む気にはなれない。
タンパク質の腐敗臭ではないので微妙だが、変な臭い。
全て廃棄!さよなら〜。

そして、1日前に二番煎じ的に水を足しておいた瓶の臭いを嗅ぐと…、
いい匂い。^_^;
速攻でろ過して冷蔵庫へ。
IMG_2677.JPG
腐ったのはまあ置いといて…、
驚いたのは、その苦味。
舌を破壊するような尋常じゃない苦味。
何故、水で抽出したのが発酵させたものより苦いのか?
発酵させたホップのほうが香りがいいのに、苦味は少なかった。

2Lの麦汁に100mlのホップ液を入れただけで劇的に苦くなった。
発酵させるとイーストが何かを消費するのか?
苦味を増したい時は水で抽出すると効率がいいかも。
nice!(0)  コメント(0) 

クラフトビールの旨味 [雑感]

ウォータリングホールとタップスタンドをハシゴ。
酔っているがインプレッション

飲み比べ4種をオーダー。
ニューイングランドスタイルが幾つかあったが、どれも透明。
三人の内の1人に当たりが出た。
コロナドのノースウエストIPAが濁っているのが一つあった。
それが1番美味かった。
IMG_2656.JPG
モダンタイムズのダイマクションはリワカとモトゥエカの癖が強過ぎ。
イセカドヤのニューイングランドスタイルはクリア過ぎて普通。
ネブラスカのIPA with Mosaicはモザイクが分からず。
バーンサイドのロマンシングストーンフルーツは健闘。

タップスタンドへ移動。
うしとらのDIPAは1Lあたり??gのホップを使用。
Hops Pistols 8.7%
IMG_2657.JPG
まあまあ、納得。
でも濾過したんだよね〜、凄い透明。
湘南ビールアメリカンIPAも、
まあまあ、納得。

で、家に、帰り、濁り炭酸飲料を飲んでみると、圧倒的にホップが濃い。
更にホップ液を入れる。(笑)
雑味はマスキングされている。
美味い!

ラガーでドライにするのと、真逆。
エールでホッピーにすれば雑味は消し飛ぶ。
オーガニックでジューシー。
3週目の若いビールならではの独特なジューシーな旨味。
2015春のうしとらのIPAを思い出す。

ホップが薄いと、若いビールの欠点が目立つのであろう。
だが、ホップの本来の美味しさは3週目がピーク。
新鮮なホップのフレイバーは雑味をも凌駕する。

クラフトビールは濾過しては、沈殿し過ぎてはいけない。
nice!(0)  コメント(0)